京都~淡路島~神戸と渡り、5月末から再び京都へ舞い戻ったこちらのお店。

オープンするなり早くもエグい行列が出来るほど。またあの担担麺が食べたいという思いで宇治へ来てもうた(笑)因みに本日の並びはリーズナブルな並びになるのかな?そんなにエグいことはなかったです。

担担麺へ行く前に、やはり煮干しもいっときたく注文。

一口スープを飲むと先ずは昆布の旨味と風味がフワリと抜けていく。それから時間差で煮干しの旨味と風味が伝わってくる。煮干しはエグさがなく上品な仕上げ。ただ後半は昆布が優勢になり煮干しらしさが弱かったかな。

麺は極細麺。ちょっと神戸時代と変えてきたのでしょうか?茹で加減は柔らかめでクニュっとしながらも食感はあり、この食感が何とも良い感じです。

チャーシューを乗せ忘れたのかな?後から別皿できました。分厚いバラ肉チャーシューで、角煮のような柔らかさ。口に入れると直ぐに溶けてなくならようなタイプでこれは旨い。

神戸時代のあの煮干しとはまたちょっと趣向が変わっていました。

でも普通に旨いですね。

やはりこちらへ来たからには担担麺を食べないとアカンですね。ごまと香酢の2種類があったので、ごまをチョイス。辛さや痺れを増すことが出来るようでしたが、今回は全てデフォで。

混ぜ合わせるとめっちゃえぇかほりがしてくる。これだけで旨いの確定(笑)

ゴマの香りが抜けコクと甘味が伝わってくる。麻と辣のバランスがしっかり取れています。この両者の刺激が食べるスピードを加速させる。もう箸が止まらんですわ。


麺は中平打ち麺。モッチリとし、ピロピロした麺は、和えダレにしっかり絡みます。ワシワシ喰らうタイプではないですが、それでも喰らうと表現したくなる麺です。

ミンチは粗挽きタイプで噛む程に肉の旨味が溢れる。やはりこの手にはナッツ類のようなカリカリとした物が合うねぇ。

〆は小ライスを頼んであったのでライスダイブをして完食。

これは期待通りの味で凄く良かった。やはりここは担担麺は外せないね。

旨いわぁ~!





DSC07973




DSC07877




DSC07878






晴耕雨読

住所
宇治市宇治池森20-1

時間
11:30~15:00

定休日
火曜

P
あり