この日は先ずNOROMAへ行って夏の風物詩を。その後は無心へ向かうもそこから富雄が以外と近いと判り富雄へ向かう。お店は近鉄の富雄駅の目の前。この辺も何気にラーメン屋が多い場所ですね。

お店に着くと外待ち2名。これはラッキーと思ったら中待ちがエライことに。夜の22時を過ぎているのにね...それでもタイミングが良かったのかそんなに長く待たずに入店。

今回はとりあえずPine soupつけ麺のシングルを注文。

スープは魚介ベース。一口飲んでみるとほんのりパインの酸味と甘味を感じ、魚介の風味と旨味が伝わってきます。想像していたよりパインらしさは弱いかな。醤油ダレは尖ってなくコクを醸し出しています。つけダレの中にはパインの果肉もちゃんと入っています。

麺は中平打ち麺。しっかり締められモッチリとした弾力のある食感。滑らかさもあるのでのど越しも良い。ただ滑らかすぎるのかな?あまりつけダレは絡んでこない。

チャーシューはパストラミのような雰囲気のレアチャでしっとりして旨い。メンマは極太ダイブのサクッとしたやつです。そういえばこのレアチャとメンマがオープン当時あのお店っぽいと話題に?なっていたような...

パインのラーメンはパパパ パイン@町田で実食済みですが、そちらよりパインらしさは薄いです。またこれが塩味だったらまた印象も変わる?かもしれないですが、パインの活かし方はパパパ パインの方が一枚上ですね。

次回はオーダー率が高かったkaniにしてみるか。





DSC07976




DSC07902






アノラーメン製作所

住所
奈良市富雄北1-1-26

時間
18:00~終電まで

定休日
日曜 祝日 不定休

P
なし