たぬき屋の後は電車に乗り2駅隣の桃山御陵前へ。

ある事を調べていたら、こちらの大中というお店の事を知る。電車で2駅なら行くよね!ということで訪問してきました。

高架下の一角にお店が。周りは飲み屋ばかりだからか、昼までも少し暗いね。でも昭和の雰囲気を醸し出してるこの感じ、味があって凄く好きだな。都市開発するのも結構ですが、こういう場所は残して貰いたいもんですな。

因みに男性のタマタマは左(だったかな?)が大きくて右が中くらいだそうで。これを韓国では金大中という(殴打)

話しを戻して。

大中ラーメンと思ったのですが、特濃という文字に反応する(笑)なので特濃大中ラーメンのバラチャーシューを。好みは全てふつうでオーダー。


粘度的には大岩亭@東刈谷、まりお流@新大宮には負けますが、天一に負けず劣らずのドロさです。スープを飲むというより麺と一緒に食べるといった感じですな。濃厚でマッタリとまとわりつき、クラッシュ系ならではのザラつきも感じます。勿論、旨味はギュッと詰まってます。途中で味変のマー油を入れると風味が良くなりまた味わいも変わり良いですね。

麺は細麺。柔らかめな茹で加減ながらパツリとした食感も残ってます。

チャーシューは柔らかくて旨いやつ。

これも上記にあげたお店と同様にクセになるやつですね。

また来よう。





DSC08053




DSC08056






特製ラーメン 大中 本店

住所
京都市伏見区観音寺高架下217

時間
11:00~2:00

定休日
なし

P
なし