フォロワーさんの写真を見るたびに行かねばと思いつつなかなか行けなかったこちら。土曜に京都へ行く用事があったので夜に訪問。お店へ向かってると、あら二郎系の某店と目と鼻の先なんですね。

外待ちは居なかったものの満席だったので、店内で暫し待ってからの着席に。メニューはつけ麺とラーメンのみ。この日は限定でカレーもあったけど、先ずはデフォのつけ麺から。

鶏と水だけで炊かれた超ドロリッチな白湯スープ。表面には鶏油の膜が。口当たりはザラっとした繊維系な印象。で、とにかく香り、旨味がガツンとやってきて鶏感が全開。芳醇で重厚な作りながら不思議と最後まで飽きずにイケてしまう。

麺は自家製の中太麺。固くもなく、柔らかくもなく絶妙な塩梅の茹で加減。表面が滑らかなので舌触りが良い。食感もモッチリとしていて食べごたえがあり。勿論スープとの絡みは凄く良い。

チャーシューは低温調理の鶏チャーシュー。軽く味付けされてるようで、しっとりジューシーで旨いです。

吟醸らーめん久保田@京都の出身のようで。出身元とはまた違いますが、麺を啜った時らしさを凄く感じたような。久保田も久しく行ってないなぁ。

余談だけど、某店もべっとりと謳うなら、せめてこれくらいは... ちょっと名前負けしてるような...

カレーもあるとなればそれもいっちゃいましょうかね。

ベースはデフォのスープ。そこにカレースパイスを効かせラー油でアクセントを付けてます。カレーはマイルドなタイプで辛さが引き立つわけではないですが、スパイスの香りで食欲を増進させます。流石というか、やはりラー油の使い方は上手いですね。

麺とかは同じなので省略。

お腹に余裕があれば最後は白飯で締めたけどね。まぁそれはまた次の機会にでも。





DSC07239




DSC07241




DSC07240







麺屋 さん田

住所
京都市右京区西院追分町7-4

時間
11:00~14:00
18:00~21:00

定休日
月曜(祝日の場合は翌日)

P
なし