さて弥冨を出発して本日の本命の鉢ノ葦葉へ。行こうと思いながらここ最近は行けてなかったからね。

お店には13時30分くらいに到着。平日休みの特権か、外待ちも中待ちもなくすんなり座れる。

いつものように塩...ではなくリニューアルした醤油をチョイス。それもちゃーしゅーわんたんで。更にわんたんを追加する。

以前の醤油より香りの立ち方が凄く良い感じかな。もうこれだけで涎が(笑)

ベースの鶏が下地を作り煮干しの旨味がジワリと伝わってきます。鶏と煮干しが織り成す旨味の層、そこに醤油のコクも加わわります。醤油は以前のより風味も増して凄く良い感じ。勿論、後半に行くに従い旨味が盛り上がっていきます。そしてその旨味から変わった甘味が余韻としていつまでも口に残る。これは溜らんですね。

何かこの感じ、有田の名店と同じ空気を感じるなぁ。

自家製の細麺は滑らかな舌触り、弾力があり弾けるような食感。どれを取っても最高峰に位置しますね。このスープにジャストフィット。

鶏チャーシューはしっとり、豚チャーシューは肉厚なのに柔らかい仕上げで肉の味が濃い。わんたんは皮がチュルン、中の餡は締まりながらもジューシー。

私の中で葦葉さんの醤油のイメージが一気に崩れました。醤油を湯浅の醤油に変えたりと色々チューンアップした1杯。このチューンアップで更なる高みに行ったような気がします。

これから悩むなぁ。私的には塩推しは変わらんのやけど、この醤油も推せるんよなぁ。


そうだ!塩と醤油の連食を推奨しますか(笑)

これ旨いわぁ~!





DSC07769




DSC08064






らーめん 鉢ノ葦葉

住所
四日市市城北町1-12

時間
11:00~15:00

定休日
月曜(祝日の場合は翌日)

P
あり