安曇野界隈で本場に近い博多ラーメンが食べれるお店として、長野県内では有名で「きまはち」と呼ばれ親しまれてるお店。

先日久し振りに訪問してみたが、相変わらず大繁盛していた。行った時も既に待ち客がいて、寒い中10分くらい待ってようやく案内された。
店に入ると、あの豚骨の香りが物凄くする。この臭いがダメという人はなお店です。
メニューを見ると、こんなに沢山種類があったけと思った。最後に来たのはもう何年前になるか?ここの売りは「長浜ラーメン」だが、以前に食べているので今回は「黒豚骨中華そば」なるものを。
黒豚骨ときいて何となく想像はついたが、やはりマー油が入っていた。

スープは豚骨と魚介のWスープで、少しトロミもありかなり濃厚である。流石はここ自慢の豚骨スープ、ガツンと主張してくるが魚介のほうも結構主張してきたのが意外だった。まぁ中華そばと謳っているからとは思うが。
ただマー油はそんなに感じることはなかったかな?それくらいスープが強力なんだろう。

麺は自家製の中太麺でスープには絡むが、あまりモチっとした食感が感じられなかった。これはちょいと残念であった。
一応替え玉(細麺のみ)をしてみたが、あの細麺は流石にこの中華そばのスープには合わなかったまた替え玉を食べていて、やはりスープが濃すぎるため途中で飽きてきた。
このラーメンに関しては、普通盛で食べて替え玉をしないことかな。そのほうが美味しく食べれると思う。



DCF00046