この間1月限定ラーメンの「ジンジャー麺」を紹介しましたが、もう一つ気になるメニューがありました。

         それは「肉味噌とんこつつけ麺」である。


      とその前にいつものように(失礼)ちょいと小話を



実は毎週金曜日の夕方、私の同級生がFM-FUJIでラジオのパーソナリティーをしているのですが、昨日(もう一昨日になるか!)ちょっと訳あってその放送をチェックしに行ってきました。放送の内容は自分が予想していた通り、ある話題で盛り上がり自分的にも大満足でした

で心はもう充分に満たされたので、次はお腹を満たす事に!

お店に着いたのが17時30分過ぎ、開店直後であったのでお客さんは自分一人であった。限定麺の食券を買い席に座る。
あつもりか、冷やもりか聞かれ一瞬あつもりにしようかと思ったが、つけ麺はやはり麺を楽しむものと思っているので、冷やもりでお願いすることに。

いつものように携帯をいじっていると、お待ちかねのラーメンが目の前に来た。つけダレを見ると、先月の限定であった「肉とんこつ」が味噌に変わっただけかと
それはそれとして・・・・つけダレをよく混ぜて味を確かめる。

ん?豚骨よりも魚介の方が強い。いきなり想像していた味とは違っていてなんか出鼻を挫かれたような気が・・・・・
それに魚介を使っているからか、始めからスープが温かったのである。(これはスープ割をしてもらっても同じであった)

麺はここの自慢の一つである自家製の中太麺であるが、ちょっと茹で過ぎの感があった。ツルっと喉越しは良いのだが、麺が柔く食感はあまり良くはなかった。

食べ終わり帰る時に気付いたのだが(もっと早く気づけよ)、いつもの若い店長(オーナー?)ではなく違う人が作っていた。以前にも「炒め白味噌」を食べに行った時、やはりいつもと違う人が作ってくれたのだが、店長が作ってくれたのと若干の違いがあった。

たまに作る人によりブレがあるとは聞く事がある(自分も体験してるが)。出来ればそういうブレが無くなってくれると良いのだが。

味も含めてちょっと期待していたのとは違うラーメンではあったが、決して不味い訳ではないので。ただ個人的に豚骨と謳っているからには、ベースのスープは豚骨のみにして欲しかった。



           DCF00037