先週末に、2年振りになるか?名古屋へ行ってきた。主な目的は買い物が中心だが、たまには街ブラでもしてみようと思い、栄の辺りを歩いてみた。
流石は大都会、いつも歩いている静岡や浜松とは大違いブランドのお店とか色々な店が沢山ある。田舎者丸出しでキョロキョロしながら1時間位歩き回っていた。



流石に昼から何も食べていないので、お腹もすいてきた時間も20時30分は軽く回っている。いい加減何か食べないとと思い店を探すが、自分の居る辺りは飲み屋が結構目立つ。
ラーナビにお世話になるかと携帯で自分の居る所から一番近いお店を検索する。



すると自分が居る所から、132mの所にお店があるらしい。画面に地図を出してみると、どうやら今居る道をそのまま真っ直ぐに進めば良いらしい。ラッキーと思いながら地図のとおりに歩いていると、そのお店が目の前に現れた。

お店を見ると、ピークは過ぎたのか?お客さんは2組しか居なかった。そしてお店に入ると、入口の所に券売機があった。

                

               


ここも食券制らしい。



券売機を見ると、メニューは店の冠どおりつけ麺のみで、種類が1号・2号・3号の3種類のみである。(トッピングとかサイドメニューは勿論ある)




来る前に調べたら、どうやら2号つけ麺がお薦めらしい。ということで2号つけ麺にすることに。

極太麺ということで茹で上げに時間が掛かるらしい。まぁつけ麺ではよくあること。
いつものように携帯を見たり、あと今日買い物で買ったものをチェックしながら待っていると、ラーメンがやってきた。





先ずはつけダレを。つけダレは豚骨・魚介・野菜のトリプルスープで、かなりトロミがある。



           





所謂べジポタである。









かなり濃厚な豚骨スープは旨味やコクがしっかりとあり、そこに魚介がほんのりと香るのと同時に、野菜の凝縮されたうまみが加わる。少し野菜の甘味を感じるが、気になる程度ではないしまたそれが良いアクセントのもなっていると思う。




麺は1号・3号と違い、こちらは玉子を使った麺だが、非常に食感・喉越しも良くスープとの相性も良い。まさにつけ麺の為の麺という感じである。





名古屋市内にこんなに美味しいつけ麺のお店があるとは、正直思わなかった。(名古屋の方失礼)
場所的にも、名古屋へ行く時によく使う駐車場の近くでもあるので、これから名古屋に行った際には頻繁に通うお店になることは確実である







         






名古屋 「つけ麺寅」 寅2号