大里店の方でも書いてあるが、今月は大里店の限定が気になり先に大里店へ行き、本店はその後に行ってきました。
残念ながら大里店では、当初聞いていたラーメンではなかったが満足いく物が食べられた。


とりあえず気をとりなおして本店へ向かう。とは言っても大里店から本店まで、車で10分掛かるか掛からないかの距離。

              

               程なくして本店に到着!



扉を開けて店に入ると、開店第一陣のお客さんがはけたのか、自分以外誰も居なかった。

さぁ今月の限定は何ぞや?とホワイトボードを見る。


                 

                 先月と同じ?




と思いながら見ると、上から二番目の所に「極太魚介油めん」と書かれていた。別にこのメニュー自体珍しくはない。これと同じ物を、以前に同じ円熟屋の長塚店で食べている。
でも本店で出すのは初めてか?(暫く訪問していない時期があったので確かではないが)と思い今回はこの油めんにする。

券売機で限定の食券を買い、いつもの大将に渡しラーメンが来るのを待っていると、お客さんが続々と来た。


        おっこれからがピークかな?


金曜の週末ということか、普段の時とお客さんの数がやはり違う。みるみるカウンターが埋まっていく。凄いなと感心しながらも、携帯で勉強用の資料を確認しているとラーメンがきた。

見た目はノーマルの油めんと同じであるが、以前長塚店で食べた物とはチョイと違っていた。

とりあえずかき混ぜて一口頬張ってみる。長塚店は鰹で魚介を表していたが、本店は煮干しで表している。

和えダレはノーマルと同じで何時間も煮詰めた濃厚なタレである。背脂もしっかりと効いているが、煮干しの魚粉の為かノーマルよりもさっぱりした感がある。それに思ったほどこの魚粉は煮干し特有のエグミさは感じられないので、煮干しがダメと言う人でもいけるかもしれない。

麺は自家製の中太麺で、毎度毎度ではあるが文句なく良い。


ただ今回、いつもよりちょっと味付けが薄く感じた。これは決して煮干しのせいではないと思うが・・・それとも前に食べたラーメンの味が濃すぎたのか?
とにかくいつもより薄く感じたのは確かであったが、旨いラーメンには変わりない

今回もまた、同級生がパーソナリティーをしているラジオを聴きながら家路を急ぐのであった。






          DCF00084