先週の木曜日に「まるい」へ行ったのだが、本来ならば友人と行こうかと考えていたのだが、やはりその日も予定が合わず1人で行ってきた。

それでふと思ったのだが、「今日は友人がいつも食べる物を代わりに食べよう!」と勝手に思い、その旨をメールで友人に伝えた。いちゃもんの一つでも言われるかと思っていたのだが、心優しい(冗談)友人は、いつも自分が頼む仕様を細かくメールに書いてくれた。

そうと決まれば「まるい」へ行くのみ!という訳で出発した。この日は「まるい」へ行くと予め判っていたので、準備は出来ていた。そして予定通り16時30分位に出発した。

途中少しの混雑はあったものの、いつものような渋滞も無く順調に進んで行き、開店30分前に到着した。





           勿論、一番乗り



店の前にある椅子に座りひたすら待つ。そして待つこと30分、大将が暖簾を店先に掲げ開店。

席に座ると大将が「いつもので良いですか?」と聞いてきたのだが、今日は友人の代わりで食べるので(私個人の勝手な解釈)、「今日は醤油ラーメン」でお願いしますと言う。
その後奥さんもお店に出てきたので、挨拶をしてラーメンが来るのをひたすら待つ。

でラーメンが出来て運ぼうとした時に、ちょっとしたトラブルが発生!普段頼まない物を注文した為か、大将がチャーシューを間違えてしまった(大将すみません)。ふつうはロースのチャーシューなのだが、バラ肉のチャーシューに変更できるのだ。(友人はいつもバラ肉で頼む)奥さんに渡そうとした時、「あっバラだ!」と言って慌ててバラ肉のチャーシューをカットして乗せた。

奥さんが運んできてくれたのだが、奥さんも普段頼まない物を頼んだので、半ば半信半疑で私の所へ持ってきたので事情を説明すると、ちょっと笑っていた。

新年の限定ラーメン以外、「まるい」で温かいラーメンを食べた事が無かったので、初めて口にする醤油ラーメンにワクワクしながらスープを飲む。

濃厚な豚骨スープに魚介がガツンと効いた、とてもパンチのあるスープである。どちらかが主張する訳でもなく、非常にバランスがとれていると思う。またこの手のスープは、食べていくうちに飽きが来るのだが、「まるい」のは全くもって飽きが来ないのである。本当に素晴らしいスープと思う。

麺はつけ麺とは違い、自家製ではあるが中麺を使用している。つけ麺と同様にこの麺、非常に美味しく食感・のど越し共に最高である。勿論スープにも合っている。

バラ肉のチャーシューも初めてであったが、これまたトロトロで柔らかく溶けるような感じであった。ロースのチャーシューも柔らかくて旨いがバラもなかなか良くて、これから行った時にちょいと選択に迷いそうである。

静岡界隈で、この手のラーメンを幾つか食べたが、つけ麺同様「まるい」が頭一つも二つも抜け出しているように感じた。












           1b6339d7.jpg