先週末に用事があり奈良へ行った。

朝の8時30分に出発したが、連休前で外出を控えているのか途中の岡崎・四日市の大渋滞も珍しく無く順調に進んでいった。

当初、カーナビの到着予定時間では12時20分になっていたが、順調すぎて天理に着いたのが12時前。待ち合わせの時間は12時30分。このまま待ち合わせ場所の天理駅に行っても時間が余ってしまうので、少し周辺を車でブラブラすることに。

なんとか時間を潰し、天理駅へ向かい友人を拾う。お昼をどこで食べようとなり、以前にも行った「無心」に行こうということになり、「無心」へ向かった。

暫く車を走らせ「無心」に着いたのだが、案の定駐車場が満車で入れない。かといって場所的にも車を止めて待つ所も無いので、しかたなく一旦奈良の中心部へ向かう。
とあるコンビニで作戦会議という名のお店選びをするのだが、正直奈良で「コレだっ」というお店が無く迷っていたが、どうせなら総本山へ行ってみては?となり急遽「無鉄砲」へ向かうことに。

奈良市内から「無鉄砲」のある木津川までは、車で15分もすれば着く。市内を抜け小高い丘陵地を走っていくと、お店が表れた。もっと山間にあるのかと思ったが、実際は山間へ入る入口の辺りにお店があった。

駐車場に車を止めてお店に行くと、ラッキーなのか待ち客が2組しか居なかった。とりあえず店の外にある券売機で食券を買い待っていると、なんなく自分達の順番がきた。

テーブル席に案内され食券を渡すと、麺の茹で加減とか聞かれたので好みのタイプでオーダーしてラーメンが来るのを待つ。壁を見てみると、色々な有名人や著名人が来店しているようだ。その中でもすぐに判ったのが、宮根さんだった。以前行った「かすうどん」のお店でも宮根さんのサインを見たな
そのな事を話しながら盛り上がっていたら、ラーメンがきた。

豚骨を水だけで炊き出したスープは、もう見るからに超濃厚である。

先ずは一口飲んでみる。豚骨の旨味がギュッと詰まったクリーミーかつへヴィで力強いスープで、豚骨特有の香りもフワッと漂う。超濃厚とはまさしくこの事かただ想像していたよりは、ドロドロしてはいなかった。(勿論トロミはある)
またこういうスープのラーメンは、時に粉っぽい感じがする物もあるが、このスープは全くそういう事は無い。

麺は細麺のちぢれタイプを使用。勿論スープに絡んでくるし悪くはないが、やはりこれだけの濃厚スープなので、個人的には中太麺くらいの方が良いのかなとも思った。

最初はキツイかと思ったが、食べていくうちにクセになってしまった。なんか感覚としては「天下一品」を食べた時と同じ感覚である。これはちょいと中毒になるラーメンか。

私のようにハマル人も居れば、当然苦手という人もいるだろう。

勿論このラーメンは食い手を選ぶラーメンである事は間違いない











          b0aaf5cc.jpg