SDカード復活シリーズ。




このお店もオープン当初から、長野へ行く度に立ち寄るお店の一つだ。


長野での二郎系のパイオニア的なお店である。塩尻をホームにしている「凌駕」の系列店なのだが、煮干し醤油で有名な凌駕さんがジャンキーな店?とも最初は思ったが・・・


ただ最近はちょいとご無沙汰であったので、久しぶりに奴と戦ってみるかと思い向かった。お店に着いたのが13時を回っていたが、店の前にはお客さんがかなり並んでいた。いやいやここも凄い人気である。


自分も列の最後に並び順番を待つ。店の外と中、合わせて10分位待っただろうかようやく席に着けた。既に食券は買ってあるので、店員の方に渡しラーメンがくるのを待つ。


待っている間、店内の様子を見ていると、次々に野菜がてんこ盛のラーメンが運ばれていく





           お前ら食いきれるか





と、要らぬ心配をしているとラーメンがきた。自分が頼んだのは、ラーメン大・ブタ増し・野菜増し。
こいつとは初訪の時に戦い、その時は自分の判定勝ち(スープを全部飲めなかった)。今日は完全にやっつける為に調整してきたので、完食するぞ!と意気込みいざ実食


          先ずはスープを一口。


豚骨ではあるが案外サッパリしていて、コテコテした感じはしない。旨味もそれなりにある。また変に甘くもなく、かといって辛く(しょっぱい)もない。こういう言い方はどうかと思うが、今まで食べた二郎系の中ではバランスが一番良いように思えた。


麺は極太麺で、こういうガッツリ系にはもってこいの麺である。


あとチャーシューは、スライスタイプではなく、ほぐし豚を使っている。これは好みの問題だが、肉を食べた!という満足感はあまり得られないかもしれないが、自分はこちらのほぐし豚の方が食べやすくて好きである。


前の方で「食えるか?」と書いたが案の定、隣に居た若い兄ちゃんが途中で撃沈されていた。





           言わんこっちゃない





もうこれだけ二郎は浸透している訳だから、どんなもんか判るだろうし自分に合った量を頼めよ!と言いたい。残すようなら食うな。



        勿論自分は完食させて頂きました






      注) このラーメンは2010年5月に食べました。















六方