このお店、前々からちょいと気になってはいたお店。相模原には買い出しの為に出かける事がよくある。しかし時間的な制約もあり、いつもは簡単に食べれる物をチョイスしてしまうが、この日は時間的にも余裕があったので、訪問してみることに。


淵野辺の駅の近くにあるが、ちょいと通りから奥に入った所にあり判りずらいかな店の駐車場は無いので、斜め向かいにあるコインパーキングに止めてお店へ。


普通に通っていたら見落とすだろうなと思いながら店に入る。お店の中はそんなに広くはない。とりあえず同行者と一緒にテーブル席に座る。メニューを見ながら何にしようかと迷ったが、ここはスペシャルつけ麺(スぺつけ)にしてみた。


麺が茹で上がるまで時間が掛ると書かれていたので、そこは気長に待つことに話しをしながら暫く待っていると、ラーメンがきた。


流石はスぺつけ、つけダレの丼が賑やかである!先ずはいつものようにつけダレを。


つけダレは豚骨がベースになるのかな、案外あっさりめなスープで、甘味・辛味・酸味のある正統派というかスタンダードなつけダレである。背脂も入っているがこれはコク出しの為であろう、コッテリという印象は全く無い。醤油ダレもそんなに尖っておらず塩っぱいイメージはないが、ちょっとスープにパンチが無いように思える。
また炒めた野菜が入っていたが、その野菜の旨味は残念ながらスープには溶け込んでいないようだ。これがあると、また印象が違ってくるのだが・・・


麺は中太麺を使用。スープとも巧く絡み、食感・のど越しも良かったと思うが、個人的にはもう少しモチッとした食感が欲しかったか。


今流行のスタイルとは全く真逆を行くつけ麺であるが、どこか懐かしさうぃ感じさせるつけ麺かと。雰囲気的に、「大勝軒」や「丸長」を想像してしまったが、個人的には「丸長」に近いような印象を覚えた。





               また食べてみたいつけ麺








「一億兆」 スペシャルつけ麺