先週の金曜日から用事で大阪へ来ている。この日は、お昼をめん奏心で食べたのでラーメン以外の物とも思ったが、滞在先のほぼ目の前にこのお店が構えている。
となると、悲しい性かな行かずにはいられない・・・ 荷物を置いて直ぐにお店へ向かう。


お店に着いたのが20時位だろうか。珍しく並んでいる人が居なかった。正直この寒空の下、少々待つのはちょっと体に堪えるので、非常にラッキーであった とにかく空いている席に座りメニューを見るが、お店の方が「今日は海老醤油は終わりました」と一言。まぁそれも気にはなったが、それよりも食べたかったラーメンがあったので、あまりダメージは無い。


とは言うものの、この食べたいラーメンも限定なので聞いてみない事には始まらない。恐る恐る聞いてみると、「塩のキラメキはありますよ」との事。とりあえずホッとしながらも「塩のキラメキ」を注文する。


待っている間にふと外を見ると、さっきまで誰一人並んでいなかったのが嘘かのように、待ち客で溢れていた いやはや本当にラッキーであった!それから暫くしてラーメンがやってきた。


先ずはスープから。ベースは鶏のスープで淡海地鶏という物を使用しているらしい。淡いように思えるが、しっかりと旨味が出ていてコクもある。そこに煮干し(真鯛やサンマのようだ)の旨味が追ってやってくる。
何処となくラーメンのスープというより、うどんの出汁のような感じのする、非常に繊細で奥深く味わいのあるスープ。


麺は中細麺のストレートタイプを使用。自家製麺で茹で加減も丁度良く、食感・のど越し共に凄く良かった。


そしてこのラーメンの売りの一つでもある鶏のタタキである。焼きたてを柚子果汁に漬けるらしく、非常にさわやかな感じに仕上げてある。このタタキの旨味もスープに加味されるが、あまり時間を置きすぎると中まで火が通ってしまうので、早めに食べた方が良いかと。


今回食べたラーメンも、初訪の時に食べたラーメン同様にハイクオリティーな一杯であった。週替わりの限定も気にはなるが、またこれを頼んでしまうだろうな








0c64cecc.jpg









らーめんstyle JUNK STORY

住所 大阪市中央区高津1-2-11

時間 11:00~14:30(LO)
    18:00~22:00(LO)

定休日 なし

P なし