先日の土曜日、難波を歩いていたら偶然とあるお店を発見した。発見したとは言っても、今までその場所を通っていなかっただけの話しだが・・・


あっ 一応そのお店の名前は「龍旗信」という、堺市にある塩ラーメン専門店の支店。店の外にメニューがあったのだが、とくに壁の所に貼ってあったポスターのつけ麺の写真が美味しそうであった! しかし、入口の所にある写真と違ったのでもう一度そのポスターを見ると、そこには「TSUKEMEN TATSU」と書かれていた。


どうやらこの龍旗信が展開するつけ麺の専門店らしい。住所が書かれていたので調べてみると、何と 天一の記事の所でちょこっと触れているが、その時に探していたお店だと判明 早速ナビアプリを使いお店へ向かう。





             改めて、本当にスマホって便利だ





ナビで案内され5分位、確か前回もこの辺りを歩いたような・・・ あの時は一体何をしてたのか と思いつつお店に到着。店内に入るとお客さんは誰も居なかった。
とりあえず、券売機でこのお店の一押しの得製白湯つけ麺の食券を買い席に着く。すると麺の量をどうするか聞かれたので2玉でお願いする事に(2玉までは同料金らしい)。


待っている間、店内を見回してみると、店内はそんなに大きくはなく座席もカウンターのみで8席位しか無かった。大阪ってこういうタイプのお店が多いな と思いながら待っているとラーメンがきた。


先ずはつけダレから。スープは鶏白湯であるが、そんなに旨味が出ているとも思えずちょっとパンチに欠ける印象だ。また鶏の香りよりも一緒に入っているスジ肉の風味の方が強く感じられる。それとここの白湯は中濃を謳っているが、そういう印象は全く感じられなかった。


麺は中麺を使用。とくにコレといった特徴も無く、普通の麺かなという印象である(のど越し感は良かったかな)。


チャーシューは、適度に硬さもあり美味しいチャーシューと思った。それと、麺の上にスダチが乗っていたが、あまりにも小さすぎて味を変化させる程のものではなかった。


それにしてもお店の屋号、ちょっとややこしいかな 東の人は多分「TETSU」と見間違えるだろうな・・・


ちょっと期待値が高すぎたのか、満足いく物ではなかった。つけ麺としての完成度もあまり高いとは言えないか。


              



              再訪は・・・ちょっと無いかな








b94c3a77.jpg










TSUKEMEN TATSU

住所 大阪市浪速区難波中1-14-12

時間 11:30~15:00
    17:30~24:00

定休日 なし

P なし