「ろたす」さんのグリーンカレーつけ麺は頂いた。となれば、次は「一匹の鯨」さんのグリーンカレーつけ麺を


本来なら続けて連食といきたいが、公平に投票をする為に、次の日に訪問してきた。


ではでは、一匹の鯨のグリーンカレーつけ麺を、ノゾキミ、ノゾキミ


こちらのお店の夜の部は18時から。それに合わせて出発したが、途中、渋滞に見事にハマリ、18時15分にお店に着いた。
もう混んでいるのだろうな と思いながら扉を開けると、座敷には高校生が、カウンター席には2人しか居なかった。待たずに入れたので良かった!


さて、もう頼む物は決まっているので、グリーンカレーつけ麺を注文する。
自分が入店した後、続々とお客さんがやってきた。


前日、ろたすさんでは、来店した殆どの方がグリーンカレーつけ麺を注文していたので、こちらもそうかな と思っていたら、皆さんレギュラーメニューを注文していた・・・
ちょっと肩透かしを食らった感じ。それはともかく、暫く待っているとラーメンがきた。


先ずはつけダレを。ろたすさんのよりも、ココナッツミルクの香りが強めに香ってきた。こちらも一口ゴクリと。お約束通り、今回も辛さで噎せました 


表面に油が浮いているが、しつこくなく丁度良い加減。やはり最初にココナッツミルクの甘さが来る。
ただ、ろたすさんと違い、こちらは間隔を空けずに香辛料の辛さもやってきた。流石はカレーのお店も展開しているだけあって、本格的なものだ


辛さもあるが、ココナッツミルクが強めに効いているので、まろやかな感じが強いかなと。


麺は中細麺の少し縮れたタイプ。少し柔らかめな茹で加減ではあるが、巧くスープに絡んでくれる。これも良いですな。


トッピングは、麺の方には茗荷・大葉・味玉が、つけダレには茄子・豚バラチャーシュー・パプリカ(唐辛子かな)。
やはり茗荷と大葉は、その独特の風味が少し消されてしまっているような。
それと豚バラチャーシューも良かったが、グリーンカレーには鶏肉の方が合うのかな と感じた。


一匹の鯨さんは、まろやかさに座標軸を置いているのかなと思った。また、ろたすさんが広い層を対象にしているならば、一匹の鯨さんはある意味マニアの方を対象にした感じなのかな。
ただグリーンカレーという観点からすると、一匹の鯨さんの方が、リアルなグリーンカレーという印象。


カレー対決という事で、一匹の鯨さんのホームゲーム的な感じで有利か と思うところもあるが、ろたすさんもラーメン店側から見た解釈で、素晴らしいグリーンカレーを作り上げた。


本当にどちらも甲乙付けがたい。お互いにそれぞれの良さがある。
この例えが正しいかは判らないが、車で言うなら、フェラーリにするかランボルギーニにするか、それぞれエンジンも違えばボディーも違う。けどそれぞれの良さはお互いにある。


難しい選択ですな


審判が下るまであと数日、果たしてどちらに軍配が上がるのか・・・













b6a91039.jpg














一匹の鯨

住所 伊豆の国市南条184ー2

時間 11:30~14:00(土日祝15:00)
   18:00~21:30(土日祝17:00~)

定休日 水曜

P あり