この日は有給でしたのでちょこっと関東の方でもと思い出かけてきました。最初は上尾方面へ行こうと思っていたのですが、ある事情©小林麻美ということで急遽こちらへ向かいました。 思えば友人の影響で?油そばも好きになり、いくつかのお店で色んなタイプの油そば(まぜそば)を食べてきましたが、油そば発祥と言われる珍珍亭へずっと行きたかったのです。以前こちらに来ることがあったので向かおうと思ったら、時間的に厳しかったのでその時は諦めました。なのでようやくの訪問になります。 お店は駅からだいぶ離れています。9月とはいえまだ残暑厳しい中、歩いてお店へ向かいました。ピークの時間は余裕で過ぎていたので、お客さんは私のみでした。勿論注文するのは油そば!今回は油そばの並と生卵を注文しました。 シンプルですがナイスなヴィジュアルですね。丼の底にタレがあるので、生卵を崩さないようによくかき混ぜます。濃いめな醤油ダレに丁度良い加減な油(ラードかな)。そのままでは少し塩辛い感じがあります。一~二口食べたところで生卵を崩します。卵が全体をコーティングして円やかさが出ます。と同時に食べる速度も加速していきます(笑)途中で卓上にあるラー油、お酢で自分好みに味をカスタマイズ。私は少しお酢を多めにしてサッパリ感をメインに。 麺は中麺。モッチリとした食感を想像していたのですが、少しゴワっとした感じのある食感でした。和えダレにもしっかりと絡み、太さの割には物凄く食べごたえのある麺です。並でもかなり麺量がありますね。 チャーシューはクラシカルな感じのタイプで味は少し濃いめになっています。メンマは甘めな味付け。 ここだけで終わるなら白飯ダイブといきたいところなんですが、次もあるので今回は自粛。 カップ麺では何度も食べていましたが、ようやくお店で食べることができました。これぞ王道な油そばですね。同じタイプの油そばを幾つか食べましたが、オリジネイターとしての年季が感じられます。 また近いうちに行こう! 珍珍亭 珍珍亭 油そば
人気ブログランキングへ 珍珍亭 住所 武蔵野市境5-17-21 時間 11:00~16:00 麺がなくなり次第終了 定休日 日曜 祝日 P あり