有田の名店への定期訪問を終えて翌日、淀川の花火でも見ようと思い福島界隈を散策してたのですが、そういえば、この近くにあの三くの新しいお店がオープンしたのを思い出し向かってみる。前日お会いした奈良の麺友さんからある程度リサーチしていたので楽しみにしていました。 お店はなにわ筋から少し入った所にありました。夜営業が始まって暫く時間が経っていたのですが、行列覚悟でいたのですがお客さんは店内に2名のみだったので難なく入店。まだあまり知られてないのか?それとも淀川の花火の影響なのか?とにかく並ばずに入れたのはラッキー! こちらは鶏出汁中華と貝出汁中華というラインアップ(魚介出汁は提供されてませんでした)。なので私は鶏出汁中華注文しました。 お店はラーメン屋というよりちょいとシャレオツな和食のお店といった雰囲気。BGMで流れるジャズがとても心地よいです。因みにここは前金制で注文をしたら料金を支払うシステムになっております。 目の前に提供されるとフワッと立ち上がってくる鶏の香り。食欲をそそるこの香りを受けながらスープを一口啜る。恐らく鶏と水のみで炊かれた?であろうスープは、先にも書いたように最初に芳醇な鶏の香りが際立つ。スープの旨味と少し多めな鶏油で鶏感が満載。スープ自体のボディーもしっかりとしていてハッキリとした味わい。醤油も酸味とコクがありスイープを牽引。ただ時間がすこし経つと塩気が立つように感じたかな。 麺は自家製の細麺。手切りのようですこし太さが不揃い。茹で加減は柔め設定で、ちょっとにゅう麺ライクな雰囲気。でもこの食感が何ともたまらないのですがね。 チャーシューは豚バラ肉。ちょっと固さがあり、また臭いも少し気になったりはしたけど、そこまでネガな印象は無かったです。ただ私の好みのタイプとは少し違ったかなと。メンマは穂先メンマ。 系統的にみたらこれも尼崎や湯河原のジェネリックになるんでしょうが、私的には尼のお店の方に軸があるのかな?といった印象でした。 細かい事はあれど、普通に美味しかったですよ。 DSC07048.jpg DSC07051.jpg
人気ブログランキング 別邸 三く 中華㐂蕎麦 萃 住所 大阪市福島区福島3-6-17 時間 11:00~14:00 18:00~21:00 定休日 不定休 P なし