平和園を堪能した後は、目と鼻の先にあるこちら塩山館食堂へ。昼のピークはゆうに過ぎていますが、それでも店内はほぼ満席に近い状態。こちらの方が若干賑わってるかな? こちらは山梨のある意味地ラーメン?であるタンメンがお薦めのようで。デカいチャーシューが乗る特製タンメンにしようかと思ったのですが、少食な私(殴打)は普通のタンメンを注文。ただ隣の方が注文してた炒めそばも気になる(笑) 半濁の動物系スープ(こちらも鶏ガラかな?)に絶妙な塩加減とちょいとケミカルの味わい、そこに炒めた野菜の甘さ等が溶け出し線が太くしっかりとした味わい。聞くところによると、昔はもっと味が濃かったようですが、現在はそんなに濃いという感じはなく、どちらかといえば薄味の部類に入るのだろうか。でも私的にはこれがドンピシャな旨さではあるけど。 麺は太麺。これはうどんか?ってくらいの太さの麺で自家製のようです。モッチリしながらも少し厳つさのあるワシワシと喰らうようなタイプです。当然ながら食べごたえはありますな。これはゴツイでぇ。 炒めた野菜は少しクタっとしていますがネガな印象はないです。またごく少量ですが豚バラ肉が入っているのもこれまた嬉しい。 まさかタンメンで天地返しするとは...思わずここは二郎かと突っ込みを入れたくなりました(爆) 一応17:30までの営業になっていますが、一部の情報によると早仕舞いがあるようなので、もし行くのなら早めの時間帯の方がお薦めかな?また提供されるまでに時間も掛かるので、お店をハシゴされる方は一番にここへ行った方が良いかもしれない。 とにかく今度は炒めそばを食べに来よう! 旨かった! DSC07073.jpg DSC07074.jpg
人気ブログランキング 塩山館食堂 住所 甲州市塩山上於曽1719-13 時間 11:00~17:30 定休日 日曜 P あり