この日はちょいと酒を飲みに出かけていました。散々飲んだ後は、近くにあったこちら厨へ。私は清水時代に一度しか行ってませんが(笑)とにかく移転してからは今まで以上に?高評価のようで。というわけで移転後初訪問になります。

しっ鶏、ねっ鶏も良いのですが、移転してから登場したメニューのべっ鶏(味玉)を注文しました。どうやらべっ鶏はラーメンでなはくつけ麺のようですね。

べっ鶏というネーミングとは違い粘度はそんなに強くないが、濃厚な味わいの鶏白湯に魚介を合わせているようです。鶏らしさ全開で魚介も醤油もしっかりと効いています。気持ちオイリーな印象で、ちょっと洋風な味わい。でもこの洋風な雰囲気の香りが私的にはちょっと...

麺は中太麺。移転してから自家製麺に変わったようです。全粒粉入りの麺はモッチリとして滑らかさもあり、太さのわりに食べごたえがあります。

チャーシューはレアチャで柔らかい仕上げに。味玉も丁度良い感じの味付け。

スープの入れ物が石の器なのでいつまでも熱々な状態です。

清水時代も感じたのですが、やはりこちらは家族とかで食事に行くお店ですかね。お店の方もそういうコンセプトのようなので。

石の器に入って尚且つ鶏白湯というと、やはり麺のようじ@日本橋のドロつけ麺と比較してしまうのですが...麺のようじの方がずば抜けてるかな。

まぁとりあえず移転してからようやく行けたのでそれで満足です。




DSC06870




DSC06869




麺や厨

住所
静岡市駿河区国吉田4-4-8

時間
11:00~15:00
18:00~22:00(売り切れ次第終了)

定休日
木曜 最終水曜の夜

P
あり