鉢ノ葦葉を堪能した後は、新店のこちらそにどりへ向かいました。私が来る数日前にオープンしたようですね。こちらは「せたがや」や江坂のえぐちにいらしゃった方のお店のようです。なるほど、カドヤ食堂さんが孫弟子と言ったのはそういうことからなのね。

14時過ぎに訪れたのでお客さんは数名のみでした。

さて何にしようかと迷ったのですが、こちらでもワンタンという文字に惹かれ海老わんたんめんを注文しました。

鶏ベースに煮干しを効かせたスープ。煮干しの旨味や鶏の旨味がジワリと伝わり仄かに酸味も感じます。ここに醤油のコクも合わさり線が太く、最初からハッキリとした味わいを感じます。

麺は細麺。こちらは自家製麺のようです。パツリとした食感かと思ったら、意外やプリッとした感じの麺で口当たりが良いです。

チャーシューは適度に噛みごたえのあるタイプ。メンマはコリコリとした食感。ワンタンは餡は少な目で皮がチュルンとしてるのは良いのですが、肝心の海老らしさが無かったような...これはちょっと残念。

スープを一口飲むと、どこか出身元を思わせる雰囲気もあったかな?

つけ麵はこれからの提供(もう始まっているみたいです)のようで、私としてはそちらの方が楽しみかな?

今度はつけ麵を。



DSC07328




DSC07330






麺屋 そにどり

住所
四日市市堀木2-10-20

時間
11:00~15:00
18:00~22:00(LO21:30)

定休日
火曜

P
あり